2014年08月26日

余命時事 2015年7月8日 資産凍結A

日本の「黒社会(ギャング)」と言えば、「暴力団」という固有名詞が存在する。暴力団の「業務」は幅広く、恐喝・詐欺、殺人・放火、売春の斡旋、高利貸し・マネーロンダリング、闇金融などどんなことでもする。山口組は日本最大の暴力団で、国際的にもその名が轟いており、イタリアのマフィアにも劣らない。
 
暴力団は現代の日本の地下経済の主役である。西洋諸国の経済が低迷し、日本の震災後の出費もかさみ、暴力団が持っている「うまみ」を、政府はもはや見て見ぬ振りはできなくなった。2011年3月、日本で公布された『暴力団排除条例』は、1960年代から続いていた「暴力団撲滅」の動きに火をつけた。米財政部も近日、山口組組長の篠田建市氏と若頭高山清司氏のアメリカ国内の資産を凍結することを発表した。

「日本の国内消費は落ち込み続けており、従来の電気機器産業も振興経済体の台頭に直面している。アメリカ政府が山口組を攻撃したのは、日本政府との連携があるからだろう」と中日財政経済問題専門家で『洗銭内幕(マネーロンダリングの裏側)』の著者姚耀氏は『中国経済週刊』で指摘した。

.....指定暴力団の由来
暴力団の起源は江戸時代であり、当時、町から町へと渡り歩きながら祭礼の周辺で商業活動をする旅芸人「的屋」や「香具師」、博打を生業とする「博徒」などの二種類の人々が暴力団の中心勢力になったと言われている。組織化された暴力団が形成されたのは第2次世界大戦以降である。

「第2次世界大戦以降、天皇は名目上の象徴的存在となり、アメリカが実質上のボスとなって日本政府は無力だった。身分の低い者たちは窃盗や略奪行為に走り、良い地盤や商売を独占するようになった。政治家が権力を持ちたいと考えるなら、地盤も必要、お金も支持者も必要である。そうなれば、もう暴力団に頼るしかないのだ」と姚耀氏は説明する。

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余命時事 2015年7月8日 資産凍結@

.....政府、日韓の金融資産情報相互通報制度と米韓の租税通報制度の2015年9月実施にあわせて、日米間でも連携の方針を固める。
.....2011年管内閣の時に米からテロ、北朝鮮対策として要請されたマネーロンダリング、ヤクザ対策が管によりだだ洩れし、また警察もパチンコップで消極姿勢。米は激怒。
.....安倍内閣となり、米はヤクザ組織の資産凍結、幹部の口座凍結を実施。日本国内でも対策を要請。これを受けて政府は五輪対策でテロ資産凍結新法を臨時国会提出目指す。
.....政府は、過激な活動家らをテロリストに指定し、資産を凍結する新法を策定する方向で検討に入った。関係筋によるとヤクザ、在日、反日活動家が大量に指定されそうだ。この法の成立は在日、反日勢力にとどめをさす威力を持っている。秋の臨時国会の焦点。

以上は前々回2015年7月8日の中の事案タイトルです。なぜ突然に資産凍結というような事案がでてきたのか、その背景をみてみましょう。資料は2011年〜2013年のものでかなり古いのですが概要を把握するには充分かと思います。@Aのシリーズです。

10月23日(ブルームバーグ):米国のギャング、アル・カポネが1931年に収監されたのは殺人や売春ではなく所得税の脱税が原因だった。恐喝や賭博、覚せい剤などが伝統的な資金獲得手段だった日本の暴力団に対しても今、マネーの流れを監視する包囲網が敷かれつつある。
 
金融庁は9月、多数の反社会的勢力との間で取引があるのを知りながら、2年以上も抜本的な対応を取っていなかったとして、みずほ銀行に対し業務改善命令を出し、経営首脳がどの段階で何を知っていたのかを10月28日までに報告するよう求めた。こうした動きは暴力団に対する新たな一撃だ。

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

余命時事 2015年7月8日 生活保護事案

2015年7月8日から何が変わるか?今回は生活保護がテーマです。前回少しふれておきましたが、外国人登録法改正で直接の影響が、それもすぐに出てくるのが生活保護事案です。永住者カードへの切り換えに関係なく9日からは外国人の資産チェックは開始されます。(準備作業は終了しています)

切り替えをしていない不法滞在者の生活保護は即、支給停止となります。新規カードに切り換え済みのものは銀行をはじめ資産チェックが行われ、資産があるものは生活保護資格条件違反として、これも支給停止、従前の複数通名口座での資産隠しや政治家、弁護士その他の口利きによる特権的受給を考慮すれば、詐欺罪の告訴と返還請はかなりの数になるものと思われます。

関係者の中には最低でも在日生活保護受給者の3割は不正受給だろうと推測しています。また外国人ではない日本人受給者のチェックも厳格化されます。一方で7月18日、最高裁は「永住外国人は生活保護の対象ではない」という判決を下しました。

現状の行政の裁量権を否定した踏み込んだものではありませんが、国が3/4地方自治体が1/4の支出している実情は、憲法違反として国の支出がいつストップしても不思議ではありません。現状維持の支給はまず確実に訴訟になるでしょうね。
 
記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 01:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

余命時事 2015年7月8日

2015年7月8日
日本人にとっては何の変哲もない日ですが、在日韓国人にとっては天国と地獄の分岐点です。この日は従前ご案内の通り、法改正による外国人在留カードの切り換え期限なのです。ところが2009年改正法成立、2012年から周知期間3年を経ても今だに約6割強の在日が切り替えをしていません。いったいどうしてでしょう?今回はこれの検証です。

切り替えが進まないのは、簡単に言えばメリットがないかデメリットが大きいということにほかなりません。今回の法改正は外国人登録業務の簡便化、資産、金融関係の一本化、住民サービスの一元化などがあげられていますが、そのどれもが在日にとってプラスがないのです。一例をあげるといわゆる在日特権で、以前から以下のような事例が報告されています。かなり以前の情報なので現在どのような状況か確認しているわけではないのですが、概要こんなものでしょう。

入管特例 ....韓国朝鮮人のみが特別永住許可を取得できる
都営住宅 ....共益費の免除住宅・入居保証金の減免または徴収猶予
生活保護 ....家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 、ほぼ無条件
地方税  ....固定資産税の減免
特別区  ....民税・都民税の非課税・軽自動車税の減免
年 金  ....国民年金保険料の免除・心身障害者扶養年金掛金の減免
水 道  ....基本料金の免除
下水道  ....基本料金の免除・水洗便所設備助成金の交付
放 送  ....放送受信料の免除
交 通  ....都営交通無料乗車券の交付・JR通勤定期券の割引
清 掃  ....ごみ容器の無料貸与・廃棄物処理手数料の免除
衛 生  ....保健所使用料・手数料の滅免
教 育  ....都立高等学校・高等専門学校の授業料の免除
通 名  ....公的証明書の使用。(会社登記、免許証、健康保険証、銀行口座開設)


記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 15:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余命時事 遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。

5月11日アップの「在日終了Q&A」.... 今週、訪問者数200万人、閲覧ビュー数600万をこえました。8月には訪問者数300万人、閲覧ビュー数1000万にはなっているでしょう。....

おかげさまで、現在は訪問者数は350万人を突破し、閲覧ビュー数は1080万pvをこえております。心からお礼を申し上げます。前回アップをもちまして、遺稿記事の整理が終了いたしました。今後は先般ご案内いたしましたように、余命のスタンスは維持しつつ、必要不可欠なテーマをコンパクトに取り上げてまいります。

ご承知の通り、2012年8月16日にブログ立ち上げ以来ちょうど2年ですが、情報を浅くても広く、できるだけ短期間に出稿するという目的から、1稿あたりのデーター量は半端ではありませんでした。引き継ぎ以降もそのスタイルは維持してきたのですが、遺稿プロジェクト終了ということで、今後、この部分だけは変えていこうかと思っております。
 
サポーターのみなさんから、特に趣味の会のみなさんからは余命ブログ維持の強い要望があり、また余命の特異ブログの立ち位置の問題からの継続でしたが、巷間、近況を考えますと余命の出番はあまりなさそうなので、当分、運営は一人体制でいこうと考えています。

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

2012年02月03日

余震M8級も! 東北沖プレート、内部変化を発見 http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-1075.html

大地震・前兆・予言.com より抜粋させていただきます。

東日本大震災の地震により、東北地方に沈み込んでいる太平洋プレート(岩板)内部で力のかかり方が変化したことを海洋研究開発機構などのチームが観測で発見し、米科学誌に発表した。

東北沖の太平洋遠方で起きる地震は、震災前にはマグニチュード(M)7級と考えられていたが、余震として起きる地震がM8級になる可能性も出てきたという。

昨年4〜7月、宮城、福島両県の沖合250キロ以上離れた海域の太平洋プレート内部で起きる余震約1700回を観測、データを分析したところ、引っ張られる力によってプレート内部の断層がずれる「正断層型」地震と判明。この型の地震は深さ約40キロのプレート下部でも起きていた。

震災前の観測では、正断層型は深さ20キロまでしか起きていなかった。プレート全体が引っ張られる力に転じ一気に断層が動くケースも考えられ、M8級になるという。

posted by fc at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専門家が指摘 「富士山が噴火した9世紀と今は酷似している」 (女性セブン) http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/795.html

阿修羅より抜粋させていただきます。

東京大学地震研究所の平田直教授のチームによる「首都直下型のM7級地震が4年以内に70%の確率で発生する」という試算が大きな波紋を呼んでいるなか、1月28日に山梨県東部富士五湖を震源とするM5級の地震が午前7時44分から54分にわたって連発した。

首都直下型地震だけでなく、東海地震、そして富士山噴火の可能性もささやかれているが、火山活動に詳しい千葉大学大学院理学研究科准教授の津久井雅志氏は、現在の状況は平安時代前半の9世紀に酷似していると指摘する。

「1983年と2000年に三宅島で、1986年には大島で噴火が起きましたが、9世紀にも伊豆諸島で大噴火が起きています。そして2000年の鳥取県西部、2004年の新潟中越の地震は、9世紀にも同じような場所で発生している。

さかのぼると、1964年の新潟、1983年の日本海中部で起きた地震も同じ。そして、9世紀最大級の地震である貞観三陸地震があった場所で今回の東日本大震災が起きたんです」

津久井氏によると、9世紀に発生し、20世紀後半に起きていないのは、もはや東海・東南海・南海の連動地震と富士山の噴火だけなのだという。

posted by fc at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

30年前の非常に恐ろしい2012年に関する霊能者の予言 - 英語字幕版

ChemBlog-ケムログより抜粋させていただきます。

私達は私達よりもずっと強力な生物の訪問を受けるだろう。この遭遇によって、勝者と敗者が生まれる。そして敗者は私達なのだ。2012年より先が何も私に見えないのには、非常に明確な理由がある。



今もイメージが浮かんでおり、その中で一番強い物が、原子力に関する懸念だ。石油からエネルギーを得るのは終わりを迎える。最後の数年に何が起きるか私達は理解しているので、原子力へと移行した結果、原子力は私達に多くの災害をもたらせる。特にソ連では、80年代が終わる前に、原子力の利用を私達に再考させるような大きな災害が発生すると私は予言する。

posted by fc at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

情報統制の間隙をついて漏れ出す被曝の真相 胎児の心臓の欠陥・くも膜下出血・子宮頸部の異常・計測不能な10万CPMを超える人々 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

木下黄太氏のブログ 放射能防御プロジェクトより抜粋させていただきます。

ある現地の医師の話が僕に伝わってきました。南相馬の、大きな病院の医師。原発爆発から1週間以内に診察したなかに、10万cpmを大幅に超える患者5人(同市小高区)がいたとのことです。計測器が振り切れ、計りきれなかったレベルだそうです。

この医師は「あの数値はいわる原発症になる水準で、近くにいる人にも影響がでるだろう」と言及しています。この患者たちは、その後行方がわからないそうで、これらのことは政党や政府に伝えているそうだが、返答はないようとの事です。

医師はまた、「小高でこの水準なら、飯舘村の住人はもっとひどい被ばくをしている。避難先で他の人に影響を及ぼしている可能性も否定できない」と言っていました。

この話は、事故直後の被曝の程度が近接圏で本当に重大であったことを示すものです。政府や行政、専門家がたいしたことはないと主張していることなど絵に描いたもちにすらならないのだろうという気がしています。

チェルノブイリのときにも、これだけの数値が出てくる人間は、周りを被曝させる状況になっている水準です。こうした現象がおきていることも、公にされないという状況を許してはならないと、強く思います。

posted by fc at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

地球のシューマン共振波が高まっている ROCKWAY EXPRESS http://rockway.blog.shinobi.jp/

ROCKWAY EXPRESS より抜粋させていただきます。

既に太陽フレアーとその電磁波の地球に対する影響について以前語ったが、太陽電磁波と太陽霊光により、人類の選別・淘汰の動きは始まっているはずだが、さらに今回の内容からは、太陽だけでなく、地球自身がその振動数を高めることで、この地球に生息する人類の選別を強化しだした、と受け取れる内容である。

 しかし淘汰される前に、どうも回心する人間もどんどん出てくる可能性があるらしい。つまり地球の振動数の高まりで、人間自身の心にも変化が生じ、いわば夢から覚めたように、悪事から遠ざかる人間が増えだす、というのである。

 「悪い人たちも変わると思います。その視える様相は、ある日から突然にアホらしく成り始めるのです。『私は、いったい何をしているんだ』と我(われ)に返り始めるのです。これから1年間を掛けて世界中で色んなレベル、国家から組織〜個人において起こり始めるのを感じます」と書いている。

posted by fc at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

北海道大学がM9クラスの『第二次東日本大震災』が近々に来ると警告 特殊な地震エコーと呼ばれる周波をキャッチし分析した結果、東日本大震災と同じ現象が起きている http://news.infoseek.co.jp/article/sunday_3994011

Infoseekニュースより抜粋させていただきます。

北海道大学 地震火山研究観測センターの記事を要約すると

・東北地方太平洋沖地震の前に89.9MHzの地震エコーが観測された。
・現在、前回と良く似た経過をたどっており、もしもこのまま3月11日の地震の前と同じ経過をたどるとすれば,再びM9クラスの地震が発生すると推定される。
・震央は宮城県南部沖から茨城県沖の日本海溝南部付近。
・発生は12月から2012年01月。

震源地が前回同様、東北地方ということであるが過去にM9クラスの地震が短い間隔で連続で到来した記録はなく、貞観地震M8.6であるからM9ですらめずらしい。北海道大学 の研究結果が単なる理論上の話であればよいが、万が一のことを考えると東北地方ならびに周辺地域の方々は気が気でないだろう。

ちなみにこれをみたはてなブックマークのユーザは『デザインからすごく電波臭がする・東海地震なんて、あるある詐欺もいいとこ。・予知にお金使うくらいなら被害を軽減するほうに使おうよ。 』などと揶揄している。

※管理人注
家族から精神異常の疑いをかけられた、有名な「妹の予言」と時期が一致しておりますが、その予言の中で描写される浜岡原発の状況はメルトダウンによる放射能汚染の発生でした。これは現況に即しており、稼動中の原子炉を停止しても燃料の冷却機能を失えば、核の暴走による過酷事故の可能性は非常に高くなります。
posted by fc at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

日本製品お断り 日本の輸出がストップする日 農水産物輸出は放射能汚染により各国より輸入を禁止され崩壊状態、汚染は積極的拡大策によって工業製品全体に波及するのは時間の問題。 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/757.html

阿修羅より抜粋させていただきます。

昨年初めに、ブレーキ問題でトヨタが袋叩きにあったのは記憶に新しい。トヨタの脇が甘かったのは確かだが、日本製品を貶めようと虎視眈々と機会を狙っている連中がいることも確かである。トヨタの新車を故意に汚染させて、汚染が見つかったと騒いだらどうなるだろうか。

結果は言うまでもない。致命的なダメージ、それこそ本当の風評被害を受けるだろう。汚染のないことを証明するのにぼう大なコストがかかり、売り上げが回復するのに長期間を要するだろう。トヨタを例に取ったが小さな部品から巨大な船舶まで日本の輸出製品すべてに起こりうることである。

日本国民はだませても外国はだますことは不可能だ。たびたび汚染が見つかれば、各国は全面禁輸に踏み切るかも知れない。そしてそれは輸出立国日本の死を意味する。日本の輸出は極めて深刻な問題に直面しているのだが、政治家や役人は福島の被害を小さく見せること、そして補償を最小限に抑えることのみに奔走しており、全く頼りにならない。絶望的である。

posted by fc at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

「関東全域で健康被害広がる」2週間の間に寄せられた500件の異変報告から http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1171

OurPlanet-TV より抜粋させていただきます。

今回集計したのは、6月18日から6月30日までに寄せられた550件を集計したもの。健康に不調を訴えている人は0歳から87歳までと幅広く、平均年齢は30.47歳だった。
 
寄せられた症状の上位を見ると、1位は喉の不調で172件と体調不良を感じた人の3割がこの症状を訴えていた。また、2位の鼻血は106件で2割に上る。しかも、単なる鼻血ではなく、「夜中に鼻血が突然出て止まらない」「ここ何年も鼻血など出したことがなく、ぶつけたわけでもないのに突然鼻血が出た」など、深刻な報告が少なくない。このほか、3位の下痢が97件、4位の倦怠感 が83件、5位の咳が61件。以下、鼻の痛み・鼻水ー50件、頭痛 ー42件、目の腫れー39件と続く。

寄せられた内容には「普段は便秘がちなのに下痢が続いた」「喉のイガイガがずっと続いている」など、原因がわからない症状を訴える人が多く、病院に行って検査を受けた人のほぼ全てが、特に異常がないと言われている。
 
また、アトピーなどのアレルギーの悪化や完治していた病気などの再発、生理の不調、ほくろや紫斑ができるなど、ストレスなどとは到底無関係の症状も多数報告されている。この他、放射能との関連はわからないとしながらも、福島県内の2人の女性から、安定期に流産した、出産直前に死産したなど、胎児に関する報告があった。
 
アンケートの結果を大別すると、鼻血、喉の不調、咳、鼻の痛み・鼻水などの「粘膜系の異変」と下痢、倦怠感、頭痛などの「免疫力の低下のよる異変」の二つに分けられる。長年、チェルノブイリの子どもたちの保養運動に取り組んできた「チェルノブイリのかけはし」代表の野呂美加さんによると講演会などで母親から質問される子ども達の症状も同様のものが多く、チェルノブイリで汚染された食べ物を食べている子供たちの症状ともそっくりだと話す。
  
posted by fc at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏で手足口病・マイコプラズマ肺炎が激増している背景−放射能で微生物生態系が「沸騰」し、B・C型肝炎も劇症化へ http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/717.html

阿修羅より抜粋させていただきます。

あらゆる微生物(ウイルス・バクテリア・菌・原生動物[原虫])と微生物コミュニティが、なんらかの付加的な被曝の後、全体として急速な変化を経験した。そういった変化のメカニズムは、よく知られている:自然淘汰による頻繁な突然変異の包含と増加、そして、それがどんな理由であれ、新たな条件下で、より一層生存可能であるように思われる、新規の有利な遺伝子の保存。

こういった微生物の進化メカニズムは、汚染されたすべてのエリアで活性化され、古い形態のウイルスおよびバクテリアの活性化と新たな形態の出現へと至った。・・・われわれの現代の知識はあまりにも限られているので、人間の腸・肺・血液・組織・細胞に害を為すウイルス・バクテリア・原生生物・菌類の内で、放射能に誘発さえた遺伝子の不可避的な変化に関する主要な結果を理解できない。

発癌現象とウイルス(乳頭腫ウイルス・肝炎ウイルス・ピロリ菌・感染性単核球症を引き起こすヘルペスウイルス・カポシ肉腫ウイルス・ヘルペスウイルス)との間の強い関連は、チェルノブイリの放射線の照射によって汚染されたエリアで癌の発生率が上昇した理由を提供している。

癌だけでなく、他の多くの病気が、ウイルスとバクテリアと結び付けられる。放射能に誘発された人間の微生物相における病理学上の変化は、バクテリアとウイルス起源の感染症や炎症性の病気そして様々な妊娠の病理にかかりやすい程度を上昇させ得る−そういった感染症および炎症性の病気には、インフルエンザ・慢性の腸の病気・腎盂腎炎・膀胱炎・膣炎・結腸粘膜炎・喘息・皮膚炎・虚血性心疾患)。
 
posted by fc at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発は自然災害に耐えられない! 事故の現状を中央が判断不能!(和訳)  http://youtu.be/0AVliNcJRYY




スリーマイル原発事故でも、チェルノブイリ原発事故でも、原発の所長は事故がいかに深刻かをわかっていました。しかし、官僚機構がそれを深刻と捉えずにいた為、さらに悪-化させてしまったのです。

福島原発事故も同じ構造の問題があったのです。福島第一の吉田所長は海水を注入しようとしました。必要に迫られたからです。しかし東電の東京本部では、その必要はないとしたのでした。彼は悪化を防いだ英雄です。

必要である事を行ったのです。吉田所長は、政府と東電本部の意向に反していたにもかかわらずに海水を注入しました。現場の人達は何が起っているかわかり行動していますが、その組織の上層部は正しい判断が出来ないのです。

posted by fc at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

蘇る眷属と復讐のカスタトロフ「11月になれば異変に気づく人が増え、やがて未曾有の大混乱へ」A

2001年に米国マンハッタンなどを襲った9.11同時多発テロと呼ばれる事件により、大量破壊兵器所持を理由とするイラク侵攻が始まりました。一説には数百万とも言われる非武装の一般市民犠牲者を出し、侵攻の目的は油田や決済通貨など石油利権と軍備の消費であり、大量破壊兵器は口実とも囁かれたようです。

メディアによる報道では闇夜に浮かぶ銃弾の放物線や艦船から発射されるミサイル、或いはピンポイント爆撃成功の映像などが連日流され、フセイン氏とイラクに対する攻撃を是とする前提に基づく内容でした。ところが侵攻の理由となった大量破壊兵器はついに発見されず、米国主導の調査機関は「イラクに大量破壊兵器は存在しなかった」との報告を公式に出しています。

西側諸国は米国に追随しイラク侵攻を支持したものの、国連決議も無いままアラブの主権国家を蹂躙した結果となり、この暴挙の責任を取るべき侵攻支持者のうち政治の表舞台から退場した者は僅かでした。いかに自由・平等・平和などの美辞麗句を掲げてみても、弱肉強食の無法地帯さながらの過酷な現実が政治の真相です。勿論、武力による収奪だけではありません。

米国の正義と己の信念に殉じた若い将兵や米国の一般市民・兵士の名誉のために付け加えるなら、彼らは陽気で率直な良き友人であり隣人です。欧州も同様ですが、日本国内において立ち遅れていた「政府や行政などに代表される強大な権力」に対する認識・評価の変化が始まろうとしています。




posted by fc at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

米国が準備中の「全面的な世界大戦」の計画につての報告を読んだプーチンは珍しくも数時間の内に日刊紙イズベスチアに記事を載せ、旧ソ連加盟国を緊密な関係に団結させる大計画を発表し、胡 錦濤との緊急会談を決め、 中国人(Tun Sheniyun )を逮捕、拘束している事実を中国MSSに公式に通告するようFSBに命じた。もっと働く男さん

宇宙の真相より抜粋させていただきます。

FSBによると、プーチンと胡 錦濤はリビアに関して西側から完全に欺かれたと「激怒」している。オバマからリビア侵攻は考えていないと「絶対に保証する」と言われていたにも拘らず、結局彼らは約束を破り、侵攻したからだ。

ロシアと中国はお返しに今週、国連安保理で(シリア・アサド政権の孤立と)シリアのリビア化を狙った米国主導による決議案に拒否権を行使し、西側の次の戦争計画を阻止した。米国はこれに激怒し、米UN大使のSusan Riceも西側が欲しいものが手に入らなかった為、怒り狂って議場を退席した。

西側のシリアに対する戦争計画にとり、更に都合の悪い事には、今週、アサド大統領は、もしNATOによる攻撃があった場合は、6時間以内にイスラエルで最も人口の多いテルアビブに向け、何百発ものミサイルで報復すると警告した。こうなると当然、壊滅的な核による応酬合戦となる。

インド陸軍参謀長VK Singhからの昨日の警告によるとアフガニスタン側から中央アジア、パキスタンへの電撃攻撃を狙っている米国に対抗すべく先制攻撃できるように、何千人という中国軍部隊がパキスタンが占領しているカシミール地方に入り、昨年から同地区に来ていると思われる11,000名以上の部隊に合流したとのことである。

posted by fc at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

蘇る眷属と復讐のカスタトロフ「11月になれば異変に気づく人が増え、やがて未曾有の大混乱へ」 @

現在の日本における自然環境からの脅威は地殻変動や核汚染による食物の危険があり、大地は微振動を続け放射能汚染に対する規準変更で、海外から見ればとても容認できない食品が国内で流通しています。

この海外の規準とは3.11以前の国内の規準に比べれば遥かに甘いもので、それ故日本からの輸入品は安全で高品質との評価を得てきました。しかし規制を大幅に緩和し検査体制の不備による危険な輸出を続けた結果、輸入時の厳しい検査と「疑わしい」との評価を得ています。

日本が抱える国難は自然環境の脅威以外にも多数存在しており、教育・政治・報道はすでに破壊しつくされたと思わせるほどの惨状ですが、洗脳の効果の減少とともに「信用や地位などの社会的な評価」と「人間としての完成度」の間で逆転現象が起こり始めました。


posted by fc at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

動き始めた中央構造線 龍脈に重なる断層帯の上には熊本・愛媛・和歌山・長野などがあり富士山周辺にも異常多発、更に台風6号も。浜岡原発は停止しても脅威の深刻度はほとんど変わらず。

地震・前兆・予言.comより抜粋させていただきます。

----- 2009年11月にヤフー知恵袋で大地震と原発事故を予知した妹まとめ -----

リクエストありがとうございます。回答が遅くなりすいません。妹の夫にも当時、妹がおかしくなった時の言動を聞いてきました。

妹は、3月11日の大地震の次は、確か年末から来年1月上旬までに千葉県沖で地震が来ると言っていました。(甥の誕生日が1月中旬なのですが「誕生日が迎えられないから可哀想」と言っていました。)日時も言ってましたが、どこにもメモをとってなく、すいません、分かりません。

なんせ妹は気が触れたと思ってたので、ほとんど聞き流してました。地震は千葉県沖が震源地で、アクアラインを津波が逆流してきて?破壊されるのが見える、東京や神奈川県、千葉県の地下に水が流れ込み、想像を絶する位の人間が死ぬ、と言ってました。

この地震をきっかけに、東海地方でもたくさんのプレートが動いて、何日も揺れ続ける、富士山の爆発も起こり、浜岡原発も壊れて大変なことになると言ってました。その後は日本は終わりだから「円」を持っていても意味がない、ただの紙切れになると言い、妹は保険などすべて解約して核シェルターを個人輸入しようとしていました。

でも浜岡原発は最近止まりましたから、妹の予知はハズレていますね。浜岡が壊れても大変なことになりませんものね。浜岡が止まった時は本当にホッとしました。良い意味でのハズレでホッとしました。

※管理人注
浜岡に限らず事実上常に冷却の必要の有る核燃料の所在地は、冷却の為の設備と外部電源に損傷が発生すれば、それだけで過酷事故の可能性が非常に高くなります。福島の原因を精査すれば非常用電源が形だけのモノであったことがわかります。

posted by fc at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。