2016年04月27日

豪政府、そうりゅう型を選定せず ZakZak

オーストラリアのターンブル首相は26日、記者会見し、次期潜水艦共同開発の相手として、潜水艦の輸出経験が豊富で原子力潜水艦を転用する案を示したフランスの企業に決めたと発表した。日本は世界最高レベルとされる海上自衛隊の潜水艦をベースにした共同開発を提案したが選ばれなかった。

日本の輸出経験のなさなどが影響した可能性がある。日本政府は2014年4月に「防衛装備移転三原則」を新たに制定し武器輸出禁止政策を転換、戦後初めて本格的な軍事技術移転に乗り出したが、初の大型案件は安倍政権の思惑通りに進まなかった。

日本政府はオーストラリアと潜水艦の相互運用を進めて日米豪の安全保障協力を深化させ、南シナ海などで海洋進出を進める中国けん制を狙ったが実現しなかった。アボット前首相は日本の潜水艦を求めたが、支持率低迷で昨年9月に交代したターンブル氏が中国の強い反対姿勢に配慮した可能性もある。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160426/plt1604260852003-n1.htm

 
posted by fc at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437239947

この記事へのトラックバック