2016年04月01日

インド高架道路崩落、死者22人に



【4月1日 AFP】インド東部コルカタ(Kolkata)で3月31日に建設中の高架道路が崩落した事故で、死者は22人、負傷者は100人近くとなった。地元当局が明らかにした。現場では依然として多数ががれきの下敷きになっているとみられ、死者は増える恐れがある。

建設中の高架道路は同日の昼食時、混雑する通りの上に突然崩落。歩行者や自動車が巨大なコンクリート板や金属の下敷きとなった。現場では同日夜も、数百人の救急隊員が救出活動を続けている。ある目撃者は「爆弾の爆発」のような大きな音が聞こえ、「突然、煙と塵だらけになった」と語っている。

事故を受け、高架道路を建設していたインド企業IVRCLのコルカタ支部が捜査当局によって立ち入り禁止にされ、警察は過失致死の容疑で同社に対する捜査を開始した。同社は2009年に同建設プロジェクトを工期18か月、予算2500万ドル(約28億円)近くで請け負ったが、7年経った時点でわずか55%しか完了していなかった。

http://www.afpbb.com/articles/-/3082527





 
posted by fc at 14:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 インドの、高架道路の崩落事故について、書かせてください。
 インド東部、西ベンガル州の州都コルカタで31日、建設中の高架道路が崩落した、酷過ぎる事故ですが、日本時間の4月1日朝の時点で、亡くなられた方々の数は22人、負傷者の方々の数は、100人近くとなってしまったそうです。痛ましくてなりません。
 現場では、依然として多数の方々が、がれきの下敷きになっているとみられ、亡くなられた方々の数は、増える恐れがあるそうです。

 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
 がれきの下敷きになっている方々の御無事と、一刻も早い救助を、心から願い祈ります。

 建設中の高架道路は、31日の昼食時、混雑する通りの上に突然崩落したのだそうです。
 そのため、歩行者の方々や自動車が、巨大なコンクリート板や金属の下敷きとなってしまったのだそうです。
 現場では31日夜も、数百人の救急隊員が救出活動を続けていたそうです。

 目撃者の人々の中には、「爆弾の爆発」のような大きな音が聞こえ、「突然、煙と塵だらけになった」と語っている人もいるそうです。

 そのように、非常に大変な状況と思われますので、国際社会の方々も、色々大変過ぎるとは思いますが、インド政府とご相談なさって、必要に応じ、捜索・救助・救援活動などに、ご協力なさっていただければ、と願い祈っております。(例えば、がれきが捜索や救助の妨げになっているという話を聞いたのですが、有効な対策を御存知の方々がいらっしゃいましたら、お知恵をお貸しいただけないだろうか?などと思います。それから、まだ崩落の恐れがあるようで、2次災害が心配されるという話もあったと思います。そちらの方も、2次災害のリスクを避ける方法など、御存知の方々がいらっしゃいましたら、同様に、お知恵をお貸しいただけないだろうか?と思います。)
 どうぞよろしくお願い致します。

 人々の御無事を願い祈ります。

 ただ、更なる崩落など、2次災害の恐れもあるという話も聞きましたので、捜索・救助・救援活動などをなさっていらっしゃる方々は、2次災害には、くれぐれも気を付けて、無理になりすぎないように、頑張っていただければ、とも願い祈っております。

 捜索・救助・救援活動などをなさっていらっしゃる方々の、御無事も願い祈ります。

 そして、この悲惨な事故の原因がしっかり究明され、しっかり再発防止策がなされることを、願い祈ります。 


 ところで、話を変えてすいませんが、トランプ氏について、書かせてください。
 この頃、私事のため、中々コメントを書けずにおりましたが、トランプ氏の発言だけは、どうしても聞き捨てならず、手短ですいませんが、またコメント書かせていただきました。

 共和党のトランプ候補は、日本が核兵器を保有することを容認する考えを示したのだそうです。
 嘆かわしいことに、トランプ候補は、日本が絶対核兵器を持ってはいけないということの意味を、全く理解していないと思われます。
 なので、私は、トランプ氏は、国の元首となるための知識見識良識を備えていない人物と思います。
 そのような人物は、絶対アメリカ合衆国大統領になってはいけない人物、と思います。

 日本は、唯一の被爆国です。そして、戦後70年以上に亘り、核兵器の残酷さや悲惨さを、世界の人々に伝え、核兵器の削減廃絶を、世界の人々に訴え続けてきました。
 もし、その日本が、核兵器を持つなどということになれば、世界はどうなってしまうでしょう?

 「唯一の被爆国である、あの日本さえ、核兵器を持つのであれば、やはり、核武装は必要なのでは?」
と、世界中の人達が考えるようになってしまうと思います。

 そうなれば、誰が核軍縮や核不拡散を唱えたところで、もう歯止めは効かないと思います。
 そして、核兵器は、世界中に溢れるような状況になるだろうと思います。
 それは、非常に危険な状況と思います。
 アメリカ合衆国を含め、世界中の人達にとって、非常に危険な状況と思います。
 そのような状況を喜ぶのは、悪魔だけだと思います。

 民主主義の国家において、国家元首の最も大事な職務の内の一つは、国民の安全を守ることだと思います。
 上記のような発言をするトランプ氏では、アメリカ合衆国の人々の安全は、危険に晒されると思います。

 アメリカ合衆国の大統領選挙は、今年の秋ですが、アメリカ合衆国の人々や世界の人々を、危険な状況に落とし込む恐れのあるトランプ氏は、絶対選ばないで欲しいと、私は、心から願い祈っております。
 どうぞよろしくお願い致します。


 ところで、また話を変えてすいませんが、今日4月1日、11時39分頃、日本の三重県南東沖で、震源の深さ約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.1と推定される地震があり、和歌山県南部で、震度4を観測したそうです。
 気象庁によれば、
「この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません」
とのことですが、若干の海面変動はあるかも?ということだと思うので、海などの近くにいる方々など、警戒や注意が必要な地域の方々は、お気をつけて。
 御無事を祈ります。

 それから、日本のお天気についても気になります。
 といっても、今日の私も、本当に、全然お天気のチェックができていませんが、警戒や注意が必要な地域がありましたら、該当する地域の方々は、どうぞお気をつけて。御無事を祈ります。

 と書いていて思いましたが、ど素人の私なので、上記の地震のことや、日本のお天気に関して、警戒すべきことや注意すべきことなどのチェック漏れを、やってしまっている恐れがあります。
 もし、チェック漏れがありましたら、どうぞお許しください。
(下の私のコメントに続きます。)
Posted by ニューパソコンの通りすがりの空です at 2016年04月01日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。