2016年01月26日

「最初から隠し撮り目的」金銭授受疑惑で



甘利明経済再生担当相は25日の記者会見で、自らの金銭授受疑惑について「今週中に会見で明らかにし、説明責任を果たしていく。(具体的日時は)調整中だ」と述べた。甘利氏側に現金を渡した千葉県の建設業者についても言及し「先方は最初から隠し録音をしたり、写真を撮ることを目的とした人たちだ。こちらは慎重になっている」と語った。

秘書らの疑惑については「第三者による事実確認、調査を行っている。ある程度時間を要するがまとまり次第、公表する機会をつくる」と説明した。安倍晋三首相は同日の自民党役員会で甘利氏の金銭授受疑惑について「甘利氏自身が28日までに国民に説明すると言っている」と述べ、甘利氏の調査結果を注視する考えを示した。

一方で、民主党などの野党は25日、甘利氏の疑惑の解明が平成28年度予算案審議の前提だとして、27日までに甘利氏が説明すべきだと求めた。民主党の安住淳国対委員長代理は国会内で自民党の佐藤勉国対委員長と会談し、甘利氏本人による説明を27日までに行うよう要求。佐藤氏は「努力する」と述べるにとどめた。

また、佐藤氏は2月4日にニュージーランドで行う環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)署名式に甘利氏を出席させることに了承を求めたが、安住氏は難色を示した。安住氏は会談後、記者団に「政治日程を優先して疑惑を隠したり、意図的に調査結果を遅らせたりする態度を取れば、全面対決する」と述べた。

http://www.sankei.com/affairs/news/160125/afr1601250050-n1.html

 
posted by fc at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433024856

この記事へのトラックバック