2016年01月12日

暴走する北朝鮮への対応 ZakZak

北朝鮮が外交圧力に容易に屈する国でないことは明らかだが、日本は今年、先進7カ国(G7)や日中韓首脳会談の議長を務め、国連安全保障理事会の非常任理事国入りをするなど、国際舞台で安倍首相の掲げる「地球儀を俯瞰する外交」の真価が問われそうだ。

岸田外相は北朝鮮が6日昼に水爆実験成功を発表すると、夜にドイツ、韓国の両外相やEU幹部らと立て続けに電話会談を行った。ドイツの外相には、国連安保理決議や北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議共同声明に違反していることを確認し、連携を要請。「岸田外相の発言に完全に同意する。国際社会、特に国連安保理が一致団結した姿勢を示すことが重要だ」との回答を得た。

岸田氏はG7各国とも電話会談を行う方針を固め調整に入った。また、これまで北朝鮮に近い立場をとってきたロシアのラブロフ外相との電話会談も事務方で調整に着手し、北朝鮮に対する有効的な外交圧力の戦略を描き始めていた。

北朝鮮と対立する日米韓だけでなく、「北朝鮮を支援する中国やロシアをいかに巻き込んでいくかが対北政策の大きな課題」(外交筋)だからだ。安倍首相は7日朝にオバマ米大統領と電話で会談し「地域と国際社会の平和と安全を損なう安全保障上の重大な脅威だ」と指摘した。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160112/plt1601120841001-n1.htm

 
posted by fc at 15:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国は米国、北朝鮮は中国管轄であり本気度を出せば中国が動くんだろうけど、
まだまだ米国オバマ大統領は甘いと言うか本気出してない(米軍は別)と思われますね。

米中対峙の中でもお互いの国益の為には中国を動かさないと話になりませんよ。
Posted by at 2016年01月13日 16:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432469845

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。