2015年10月04日

インドネシア高速鉄道 無謀な中国の計画 SankeiBiz

インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画をめぐる日本と中国の受注合戦は、財政負担や債務保証を伴わない事業実施を求めたインドネシア政府に迎合した中国がその権利をもぎ取った。計画の実現性を追求する日本に対し、資金力を頼りになりふり構わぬ攻勢で売り込みをかけた中国。

今回の教訓を踏まえ、中国に対抗しうるインフラ輸出戦略を打ち出せなければ、経済再生を目指す安倍晋三政権に打撃となりかねない。「政府と民間の動きがバラバラだった。きちんと情報収集していれば中国が無謀な計画を出してくることは予想できた」

大手企業幹部は日本側の敗因を「油断」と指摘する。中国が高速鉄道事業に参入し始めたのはこの2、3年だ。だが、すでに世界の高速鉄道の運行距離約2万キロメートルの半分を自国の高速鉄道が占める。今後もアジアインフラ投資銀行(AIIB)の資金力を武器に、世界各国の高速鉄道事業で売り込みをかける構えだ。

日中は、米カリフォルニア州とマレーシア−シンガポール間の高速鉄道計画でも受注合戦を繰り広げる。日本政府は品質の高さを売りに「保守点検や運行システムなどサービス面の優位性などをアピールする」(国土交通省)と強調するが、中国の攻勢を巻き返す材料になるかは見通せないのが現状だ。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151004/mca1510040848003-n1.htm


 
posted by fc at 15:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国策と言えど商業ベース VS 純粋な政治マター

ざっくりですけど開発資金を中国持ちでは今後も話にならないでしょう。

それよりか日本はスパイ防止法など国内法体制を早く整えて先端技術の国外流出防止に集中するべきです。
ま、経団連や財界に鈴をつけないとね。
Posted by at 2015年10月04日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427222272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。