2015年12月29日

官邸内に裏切り者



記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空自F35の国内生産開始

F-35AJ 07B.jpg
拡大画像はこちら

F-35AJ 23A.jpg
拡大画像はこちら

米ロッキード・マーチン社は17日までに、航空自衛隊の次期主力戦闘機F35の組み立てが三菱重工業の小牧10+ 件南工場(愛知県)で始まったと発表した。2017年に完成機が初公開される予定で、その後、空自三沢基地(青森県)に配備される。

F35は老朽化が進むF4戦闘機の後継で、防衛省は42機導入する。うち4機は米国で組み立てられるが、残り38機は小牧10+ 件南工場で組み立てられる。F35は米ロッキード・マーチンを主体に世界9カ国の政府・企業が共同開発する最新鋭ステルス戦闘機。

防衛省は「F4」戦闘機の後継機として42機を取得し、一部完成機輸入を除き、国内企業が参画することを決めた。米政府との調整を踏まえ、機体最終組み立てやターボファンエンジン製造、レーダー部品の製造に一部参画することになった。

三菱重工は防衛省が調達するF35の最終組み立てと機能確認をロッキード・マーチンから請け負う形で行う。F35をめぐり、IHIも現在、瑞穂工場(東京都瑞穂町)にF135ターボファンエンジンの組立工場を新設しており、完成後は米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)の協力生産として参画することになる。

http://www.sankei.com/world/news/151218/wor1512180036-n1.html

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

ATD-X初飛行 来年2月にも SankeiBiz

国産初のステルス戦闘機開発に向け、防衛省の発注を受け三菱重工業などが製造している試作機「先進技術実証機」の初飛行が来年2月にも行われる見通しであることが27日、防衛省関係者への取材で分かった。

実証機は当初、ことし3月までに防衛省へ納入される予定だったが、エンジンや操縦系統でさらに検証が必要になり、来年3月末まで納入期限を延長し、機体の作動確認を進めていた。

関係者によると、初飛行に先立つ来年1月末、各機能試験が行われている愛知県豊山町にある三菱重工の工場で地上滑走試験を実施。その後、地上での試験を継続し、2月に同工場から航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)まで飛行する計画だという。

防衛省によると、機体の製造は国内の複数の防衛産業が参加し、平成21年度に始まった。全長14・2メートル、全幅9・1メートル、全高4・5メートルで、レーダーに映りにくい炭素繊維の電波吸収材を使用しており、ステルス性能を備えている。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151227/mca1512271728005-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

B52の飛行は「中国への恫喝」 ZakZak

米国が中国への怒りを沸騰させている。米国が中東問題で忙殺されている間に、中国は南シナ海での覇権強化を進めているうえ、大威圧行動に出てきたというのだ。米軍のB52が先々週、中国の人工島上空を飛行したが、これは「誤り」ではなく「意図した軍事行動」との指摘が飛び込んできた。急浮上する「2016年、南シナ海開戦」情報とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

「米国は、中国の暴挙を許さない。今回の一件で、中国は内心震えたはずだ。米国は軍事衝突も辞さない。本気だ」 旧知の米軍関係者は緊張した声で、こう語った。「今回の一件」とは、米国防総省が18日に明らかにした“軍事行動”のことだ。概略は以下の通りだ。

《米軍のB52が10日朝、南シナ海上空を偵察任務中、中国がスプラトリー諸島に建設した人工島に接近した。中国が『領海』と主張する12カイリ(約22キロ)以内どころではなく、2カイリ(約3・7キロ)内への侵入だった。ほぼ真上といえる。米国防総省は『意図的ではない。悪天候のため、誤って飛行した』と説明した》

これに対し、中国国防省は翌19日、「米国側の挑発的行動に対し、あらゆる手段と措置を講じて国の主権と安全を守る」との声明を出した。ただ、冒頭の米軍関係者の話でも分かるように、核兵器搭載可能なB52の飛行は「誤って」ではない。米国がそこまで激怒しているということだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151222/frn1512221140001-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

中国主席、アジア外交での惨敗

11月19日掲載の本欄で、南シナ海での中国の軍事拡張を封じ込めるために日米同盟を基軸とした「合従連衡」が形成される一方、中国はアジア諸国を個別に取り込む「連衡策」をもって対抗する、というアジア外交の構図を論じた。その前後の一連の動きを見れば、この「合従連衡」のゲームに敗れたのが中国の方であると分かる。

11月5日から6日にかけての習近平主席のベトナム訪問はその一例である。5日にハノイに着いてから、習主席はベトナムの首脳たちと次から次へと会談をこなし、相手のことを「同志」とまで呼んで「関係の改善」を訴えた。

しかし訪問中の6日、同じハノイにおいて、ベトナムのフン・クアン・タイン国防相は来訪中の日本の中谷元(げん)防衛相と会談し、南シナ海の要衝であるカムラン湾の海軍基地に海上自衛隊の艦船を寄港させることで合意した。

習主席を貴賓として迎えている最中に、ベトナムは中国に対抗するための日越軍事連携を堂々と進めた。中国に対する「配慮」の気持ちはみじんもないやり方である。このベトナムに翻弄され、恥をかいて帰国の途に就いたのは習主席の方だった。

そして11月21日からマレーシア首都のクアラルンプールで、東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本、アメリカ、中国などの18カ国の首脳が一堂に会した「東アジアサミット」が開催されたが、それもまた、中国にとってのアジア外交惨敗の場となった。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151221/frn1512211141003-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国製部品内蔵で自爆誘導される米軍兵器





米シリコンバレーで研究・開発を続ける台湾系米国人技術者、K氏の求めに応じ、1回目の接触を試みたのは2014年夏であった。場所は、K氏が都内に設立したベンチャー企業R社。K氏の依頼は「開発技術が中国軍に狙われている。恐ろしさを知らせたいので、○△省のしかるべき人物を紹介してほしい」との趣旨だった。

K氏はFBI(米連邦捜査局)の保護下に置かれているが、不思議ではない。手掛けた開発は最新鋭戦闘機F−35や無人偵察機の画像システムで、標的を瞬間捕捉し距離を正確に測定する、無人偵察機や「米空母キラー」=対艦弾道ミサイルの「目」に当たる。「目」が有ればGPSを必要とせず、自ら索敵することで電波妨害が支援する防衛網を突破できる。

当然、米国家機密で、性能抑制した合法的民生品を開発すべくR社を設立した。R社は2020年の東京五輪・パラリンピックで、3D眼鏡なしで見られる次世代立体テレビ放送を目指す独立行政法人などの要請で、3D立体画像のリアルタイム伝送システムを受注した。

間もなく、R社と関係する複数の日米企業に中国軍系通信機器大手の“社員”が接触してくる。技術は奪われなかったが、小欄の今次興味はここから先。中国軍総参謀部第三部隷下で北米担任の二局(61398部隊)か日韓担任の四局(61419部隊)辺りの、サイバー戦部隊の仕業と思ったら驚くほどアナログな戦法だった。

http://www.sankei.com/world/news/151221/wor1512210001-n1.html

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔から縁深い日本とインド ZakZak

安倍晋三首相が先日、インドを訪問した。モディ首相との首脳会談で、ムンバイ−アーメダバード間の高速鉄道計画に、日本の新幹線システム導入で合意した。安倍首相は「日印新時代の幕開けにふさわしいプロジェクトだ」と評していたが、その通りだと思う。2014年の統計によると、世界一人口が多い国は中華人民共和国(PRC)で、約13億7000万人。

第2位がインドで約12億8000万人である。世界人口約71億2000万人のうち、約23%が、この2カ国で占められている。いずれインドの人口は、35年以上も「一人っ子政策」を続けてきたPRCを追い抜く見通しだが、両国の名目GDP(国内総生産)を比較すると、PRCの約10兆ドル(約1218兆9000億円)に対し、インドは約2兆ドル(約243兆7400億円)と5分の1程度である。

18世紀後半から1947年まで、200年近くも英国の植民地だった影響で、インド人の多くは英語が流暢(りゅうちょう)で、数学の能力も高いなど、非常に優秀な国民である。貧富の格差や治安の問題、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の対立といった不安要因は少しあるが、インドの潜在能力と将来性の大きさは、間違いなく世界一である。

インドに限らず、数百年単位で欧米諸国の植民地に甘んじてきたアジアやアフリカの国々が、第2次世界大戦後に立ち上がり、独立を勝ち取った最大のきっかけは、日露戦争における日本の勝利である。白人の大国ロシアに、有色人種の小国だった日本が勝利を収めた衝撃の意味を、一番理解していないのは戦後の日本人だろう。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151219/dms1512191000005-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米利上げに“戦々恐々” ZakZak

米連邦準備制度理事会(FRB)は15〜16日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、2006年以来、9年半ぶりとなる利上げを決める公算が大きくなっている。金融政策の大転換に、資金流出が加速する中国、そして企業や家計の負債が雪だるま式に増えている韓国は戦々恐々だ。

米国の利上げをきっかけに、新興国に流れ込んでいた投資マネーが米国に還流すると懸念されている。内閣府が12日発表した報告書「世界経済の潮流」でも、来年にかけての世界経済のリスク要因として米国の利上げを挙げたうえで、中国など新興国の経済に大きな影響を及ぼす恐れがあると分析した。

利上げでドル高が進んで米国の製造業の収益が悪化する恐れがあることに加え、中国など新興国で資金流出を招き、経済に悪影響を与える恐れがあることにも言及した。すでに中国の11月末時点の外貨準備高は前月から872億ドル(約10兆5500億円)減り、2013年2月以来の低水準となっている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151215/frn1512151140002-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ氏支持、4割超える



【12月15日 時事通信社】米モンマス大学が14日発表した2016年大統領選の共和党指名争いに関する世論調査によると、首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)の党内支持率が10月の前回調査時から13ポイント増えて41%に達し、同党候補として初めて4割を超えた。

調査が行われたのはトランプ氏がイスラム教徒の入国禁止を提唱した後の10〜13日。米国でイスラム過激派によるテロへの不安が強まる中、国内外で批判を巻き起こしたトランプ氏の提言が党内では追い風になっていることがうかがえる。

保守強硬派「ティーパーティー(茶会)」系のテッド・クルーズ上院議員(44)も支持率を10%から14%に伸ばし、2位に浮上。以下、マルコ・ルビオ上院議員(44)10%、元神経外科医ベン・カーソン氏(64)9%、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)3%と続いた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3070262

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日印首脳会談成功のワケ ZakZak

【ニューデリー=田北真樹子】「歴史的な会談」−。安倍晋三首相がこう表現した12日のモディ印首相との首脳会談。5回目となる会談で、両首脳は両国間で最大の懸案となっていた原子力協定とインドの高速鉄道計画で新幹線方式の導入で合意した。

この成果を納めることができた背景には「両首脳の良好な人間関係と、地域の安定を脅かす中国に対する共通の認識」(日本政府高官)がある。「自分とモディ首相でなければ達成できなかった成果だ(安倍首相)」「安倍首相の強い指導力に敬意を表する(モディ首相)」両首相は会談で、こう蜜月ぶりをアピールした。

2人はこの1カ月間でトルコでの20カ国・地域(G20)首脳会合を含め3回会談してきた。特に11月のG20で、モディ首相は高速鉄道計画について「私は日本にコミットする」と安倍首相に伝達。その後の調整でも自らが乗り出し、事務方に指示を飛ばしたという。

安倍首相もモディ首相の期待に応えるように、原子力協定の検討を加速させた。日本政府関係者は「この2週間ぐらいで一気に話が進んだ」と舌を巻く。実際、安倍首相も周囲に「モディ首相との信頼関係で物事が進んだ」と満足げに語った。

両首脳が足並みをそろえて関係を発展させようとするのは中国の存在が大きい。東シナ海や南シナ海で現状変更を試みようとする中国の脅威は、中国の隣国である日本とインドにとって共通の課題だ。この点について両首脳の見解は完全に一致しており、それが2人の距離をかなり縮めたのは間違いない。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151213/frn1512131600007-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドに日本センター設置へ



【ニューデリー=田北真樹子】日本政府は、インドで日本教育と日本研究の拠点となる日本センターを、ニューデリーのネール大学に設置する方針を固めた。中国政府が世界中に設置している文化機関「孔子学院」に対抗する取り組み。

日本はすでにバングラデシュのダッカ大学で日本研究センターの設置を支援しており、インドでも研究機関を設置し、日本の存在感をさらに高めることを狙う。ネール大学は1969年に設立された大学院大学。

インドではデリー大学などでも日本関連の研究プログラムがあるが、学士、修士、博士のすべてが取得できるのはネール大学だけとなっている。

安倍晋三首相は11日、ニューデリー市内でネール大学学長より国際関係論の名誉博士号を授与された。その際、「将来的な日本研究センターの可能性も視野に日本語教育、日本研究を充実させるべく協力していきたい」と述べていた。

http://www.sankei.com/politics/news/151213/plt1512130015-n1.html



記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「こいつ動くぞ!」CCTVの疑念が現実にw Sankeibiz

高さ18メートルの実物大ガンダムを作り、テレビアニメーション「機動戦士ガンダム」の放送から40周年となる2019年に動かしたいと、2014年に立ち上がったプロジェクトが「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」。ここで募集された、ガンダムを動かすためのアイデアが決まり、実現に向けて文字通りの“一歩”を踏み出した。

「アポロ計画を進めることで、NASAはたくさんの技術を生み出した。18メートルのガンダムを動かすことで、技術の振興が促されるのではないか」。10月26日に秋葉原で開かれた「ガンダム GLOBAL CHALLENGE PRESENTATION 〜第一次選考発表会〜」。プロジェクトを推進する団体の代表理事で、ガンダムシリーズのアニメーションを制作するサンライズ社長の宮川恭夫氏は、動く実物大のガンダムを生み出す意義をこう訴えた。

18メートルのガンダムなら、「機動戦士ガンダム」の誕生30周年を記念するプロジェクトとして作られ、09年に東京・お台場の海浜公園でお披露目された。静岡での展示を経て、12年からはお台場の「ダイバーシティ東京」前で一般公開されている。そして40周年では、実際に動くガンダムを作るプロジェクトが立ち上がり、そのために必要なアイデアを14年7月から15年2月まで公募した。

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/151212/cpc1512120715001-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「通州事件」ユネスコ記憶遺産申請へ



※全ての日本人が知るべき特亜の残虐非道な本性。彼らは自分達が虐殺した日本人を「中国人被害者」に仕立て上げ、戦後世界に向かって喧伝してきました。南京大虐殺や人体実験のプロパガンダに利用したのです。

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽減税率合意で衆参ダブル選着々 ZakZak

来年夏の「衆参ダブル選」の環境が整いつつある。2017年4月の消費税率10%引き上げと同時に導入する軽減税率をめぐり、安倍晋三首相が公明党の主張を全面的に受け入れたからだ。公明党はダブル選に反対だが、「財源1兆円」を確約してくれた安倍首相には逆らえない。

加えて、庶民の「痛税感」を和らげる軽減税率は無党派層対策にも有利だ。野党の体たらくもあり、安倍首相が大勝負に出る可能性が出てきた。 「大きな方向転換があった」 自民党幹部は10日夜、こう語った。

自民、公明両党は同日、軽減税率の対象について「加工食品を含む食料品全般」で基本合意した。財源は1兆円程度で、公明党にとっては事実上の「満額回答」だ。腰を抜かしたのは自民党である。

10日午前の総務会では、ベテラン議員を中心に「党内でまったく議論されていない」「こんな大事な話を、一体誰が決めたのか」「財源はどうするのか」といった不満や疑問が続出したが、後の祭りだった。

安倍首相はなぜ、公明党に譲ったのか。自民党幹部は「選挙協力が大きい。1月の沖縄県宜野湾市長選や、夏の参院選だけでなく、当然、衆参同日選(ダブル選)も視野に入れているはずだ」という。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20151211/plt1512111700003-n1.htm

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

ドイツ軍第1陣がIS掃討支援でトルコに向けて出発



【12月11日 AFP】シリアで展開するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」掃討作戦を支援するため10日、ドイツ軍の第1陣がヤーグ(Jagel)の空軍基地からトルコに向けて飛び立った。映像はA400M輸送機とトーネード(Tornado)偵察機。(c)AFP



http://www.afpbb.com/articles/-/3069926

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。