2015年02月28日

「バイオニック・ハンド」思考制御型は移植と同等の能力



【2月28日 AFP】オーストリア・ウィーン医科大学(Medical University of Vienna)のチームが、生体工学を用いて製作した人工義手「バイオニック・ハンド」(筋電義手)で思考制御型のものを開発した。25日、英医学専門誌ランセット(Lancet)に発表された論文によれば、生体移植とほぼ同様な機能を回復しつつ、拒否反応の危険がない。

オーストリア人の患者3人は自動車事故または登山事故により、脊椎から上肢へとつながる神経のネットワーク「腕神経叢」(わんしんけいそう)に損傷を受けていたが、2011年4月〜14年5月の間に革新的なロボット義手手術を受けた。

手術前は、手が神経信号から不可逆的に切り離された状態だったが、手術後には3人とも「事故以来、初めてボールを拾う、水差しから水を注ぐ、鍵を使う、ナイフで食べ物を切る、両手でボタンをはずすといった日常のさまざまな動作を完全にこなすことができた」という。

今回の研究の主成果は、神経信号によって、筋肉内の電気的刺激に反応するセンサーを付けた義手への刺激を可能にしたことだ。義手を開発したウィーン医科大学のオスカー・アスズマン(Oskar Aszmann)氏は、深刻な健康問題を引き起こす可能性がある強い免疫抑制剤の使用が必要な、ドナーからの手の移植よりも危険度が低いという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3041069

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「何を操作しているのかさえ、全く知らされていない」DQN



【2月28日 AFP】49種類のビデオゲームを自力で学習し、人間のプレイヤーを上回るスコアを出すことに成功した人工知能(AI)ソフトウエアシステムの研究が25日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。発表したのは米グーグル(Google)傘下のAI開発企業ディープマインド(DeepMind)だ。

共同開発者のデミス・ハサビス(Demis Hassabis)氏は「経験から直接学ぶことによって、さまざまな課題を習熟することのできる、史上初めての汎用(はんよう)学習システムだ」と述べた。

自ら学び、試行錯誤した「記憶」を保管し、行動を適応させて次の課題を達成する汎用ロボットの未来像がまた一歩近づいたと言える。このような汎用ロボットは、自動車の運転から休日の予定作り、さらには科学研究まで、あらゆる用途に使うことができると、研究チームは述べている。

■学習し、適応し、上達する

人間の学習プロセスを参考に開発された人工知能「ディープQネットワーク(deep Q-network、DQN)」は1980年代から、米ビデオゲーム会社「アタリ(Atari)」のゲーム機に、最小限のプログラミングだけで投入された。

「DQNが得られる情報は(画面上の)ピクセルとゲームの得点だけで、課せられた目標は、できるだけ高い得点をとること」とハサビス氏はネイチャーの動画の中で説明する。「それ以外には、いったいどういう種類のゲームをしているのか、コントローラーが何をしているのか、ゲーム中の何を操作しているのかさえ、全く知らされていない」

http://www.afpbb.com/articles/-/3040902

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対外情報機関創設へ 今秋国会にも法案提出



イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件を受け、政府が対外情報機関の創設に向け、本格検討に入ったことが27日、分かった。複数の政府筋が明らかにした。

平成32(2020)年の東京五輪開催を控え、世界的に拡散する国際テロの脅威に対応するには、独自の情報収集・分析能力向上を急ぐ必要があると判断した。早ければ今秋の臨時国会にも関連法案を提出する見通し。

政府は2月10日、イスラム国事件の対応に関し、杉田和博官房副長官をトップとする検証委員会を設置した。4月中にも報告書を取りまとめ、対外情報機関の設置を提言する予定で、これを受けて制度設計に入る方針だという。

自民党のインテリジェンス・秘密保全等検討プロジェクトチームも、政府に足並みをそろえて有識者を交えた勉強会などを開催する。現在、政府の情報機関は、内閣情報調査室(内調)、外務省、警察庁など9機関あるが、それぞれがバラバラに活動しており、集約機能が乏しい。

複数の政府筋によると、新設する対外情報機関は、9機関の情報を集約・分析するだけでなく、独自の情報収集能力を有する組織にする方針。

特に海外でのヒューミント(人的情報活動)を重視し、人材育成にも力を入れるという。内調を首相官邸から独立させた上で大幅に増強する案が有力だが、国家安全保障会議(NSC)の下部組織とする案もある。

http://www.sankei.com/politics/news/150228/plt1502280001-n1.html

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【川崎中1殺害】少年3人逮捕 全員容疑否認



川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった殺人、死体遺棄事件で、神奈川県警川崎署捜査本部は27日、殺人容疑で上村さんの知人で同区内に住むリーダー格の自称無職の少年(18)と、いずれも17歳で、自称無職および職業不詳の少年2人の計3人を逮捕した。3人とも容疑を否認している。

 捜査本部は、上村さんが集団暴行の末に殺害されたとみて、死体遺棄容疑も視野に入れた上で、殺害の動機や当時の詳しい状況などについて調べを進める。捜査本部によると、18歳の少年は「何も言いたくありません」、17歳の少年2人は「近くにいただけ」「殺した覚えもない」などと供述している。

3人の逮捕容疑は、20日午前2時ごろ、川崎区港町の多摩川河川敷で、上村さんの首を刃物で突き刺すなどして出血性ショックで死なせたとしている。捜査関係者らによると、3人は通っていた中学校は異なるが、地元の先輩、後輩の間柄で、同じグループに上村さんもいたという。18歳の少年は最近、通っていた高校に姿を見せなくなり、その後退学していた。

上村さんは今年に入って、友人に、年上のグループから暴力を受けていると打ち明け、「殺されるかもしれない」と漏らしていた。捜査本部は、上村さんが殺害されたとみられる時間帯に録画された、遺体発見現場近くの防犯カメラの映像に少年3人や上村さんらに似た人物が写っていたことから、映像の分析を進めていた。

http://www.sankei.com/affairs/news/150227/afr1502270056-n1.html

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

18歳高校生ら少年3人逮捕 殺人容疑で神奈川県警



川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった殺人、死体遺棄事件で、神奈川県警川崎署捜査本部は27日、上村さんの知り合いの少年3人が事件に関わった疑いが強まったとして、殺人容疑でリーダー格の高校生の少年(18)と17歳の少年2人の計3人を逮捕した。

リーダー格の少年は容疑を否認している。上村さんは20日午前2時ごろに殺害されたとされ、現場近くの防犯カメラに写った映像の解析などから少年3人が浮上した。

上村さんに似た人物ら4人以上が河川敷へ向かう姿が写り、その後、1人少ない人数で戻っており、いなくなったのは上村さんとみられる。

司法解剖の結果、上村さんの死因は首を鋭利な刃物で傷つけられたことによる出血性ショックだった。多数存在する傷の形状などから複数の刃物が使われた可能性が高く、上村さんは集団暴行の末に殺害されたとみられている。

http://www.sankei.com/affairs/news/150227/afr1502270024-n1.html

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラシニコフ銃抱えた幼稚園児の集合写真が物議



【2月27日 AFP】ロシアの幼稚園で園児たちがカラシニコフ自動小銃(AK47)の模型を手に記念撮影した写真がインターネット上に出回り、物議を醸している。関係者の男性は、愛国教育だと主張している。

問題となっている写真は、5〜6歳の男児や女児がAK47や狙撃銃、グレネードランチャーの模型を抱え、カメラに向かってポーズをとっているもの。中には軍用のヘルメットやベレー帽をかぶった子もおり、一緒に軍服姿の男性の姿が写っている。関係者によると、ロシア第2の都市サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)の幼稚園で先週、「愛国授業」が行われた際に撮影されたものだという。

「なぜ、子どもたちが武器を手にしてはいけないんだ?」と、「愛国授業」の実施を支援し模造銃などを提供している団体「赤い星(Red Star)」のユーリ・ドロジンスキー(Yury Dorozhinsky)氏は26日、AFPの取材に語った。「赤い星」は第二次世界大戦(World War II)の再現イベント参加者の集まるクラブとしても活動している。

http://www.afpbb.com/articles/-/3040951

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両陛下がウィリアム王子を昼食にご招待



天皇、皇后両陛下は27日、初めて来日している英国のウィリアム王子を皇居・御所に招き、昼食をともにして懇談された。ウィリアム王子は正午ごろ、車で御所に到着。玄関で出迎えられた両陛下と笑顔で握手を交わし、「招待していただき、ありがとうございます。お会いできてうれしいです」と英語であいさつした。

http://www.sankei.com/life/news/150227/lif1502270018-n1.html

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米シカゴ市警、「秘密尋問施設」で容疑者暴行か



【2月27日 AFP】米シカゴ(Chicago)市警が容疑者を秘密施設に不当拘禁し、弁護士の接見を認めず暴力的な取り調べを行っていると、英紙ガーディアン(Guardian)が報じた。シカゴ市警は、報道内容は事実に反すると否定している。

ガーディアン紙によると、問題の尋問活動はシカゴ市内の倉庫で行われており、米政府の「テロとの戦い」において収容施設で行われた虐待や暴行を連想させる内容だという。

同紙は、この倉庫を「記録外尋問施設」と称し、かつて収容されていたという抗議デモ参加者と、同施設を「米中央情報局(CIA)の秘密施設」と比較する元公選弁護人の話を掲載した。

記事によれば、拘禁された人たちは暴行を受けて頭部を負傷したり、手錠などで体を長時間拘束されたり、12〜24時間にわたって弁護士なしで拘禁されたりした。その中には15歳の少年もいたという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3040910

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武装集団が仏人女性を拉致、政情不安のイエメン



【2月25日 AFP】フランス外務省は、政情不安が続くイエメンで働いていた仏人女性(30)が24日朝、何者かに拉致されたと発表した。イエメンの治安筋によると、女性は首都サヌアの中心部でタクシーに乗っていたところを、現地ガイドと共に武装集団に拘束された。拉致された2人の氏名は公表されていない。

2人は、世界銀行(World Bank)が資金提供しているプロジェクトの開発援助員で、同行は2人の身の上を「深く案じている」という。同行によると、2人は正規の職員ではなく、「世界銀行が出資しているプロジェクトの下で、イエメンの社会福祉基金からの委託を受けたコンサルティング企業の契約社員」だった。

イエメンは、昨年9月にイスラム教シーア派系の民兵組織「フーシ」に首都を制圧されて以来、深刻な政情不安に見舞われている。英仏米をはじめとする欧米諸国は今月に入り、治安悪化を理由に在イエメン大使館を閉鎖するとともに、自国民に対し出国を促してきた。仏外務省はイエメンにいる全仏国民に対し、「できるだけ早く国外退去する」よう呼び掛けている。

先月には、アブドラボ・マンスール・ハディ大統領(69)とハリド・バハーハ首相が辞意を表明。フーシは政権を掌握し「大統領評議会」を設置した。だがハディ大統領は今月21日、軟禁されていた自宅からの脱出に成功して旧南イエメンの首都アデンに姿を見せた。

24日には辞意を撤回し、再び同国を率いて危機から脱出させると訴えた。ハディ氏の側近によると、同氏は先に議会に提出していた辞表を取り下げた。議会は同氏辞任の正式な審議にすら至っていなかったとしている。(c)AFP/Fawaz al-Haidari

http://www.afpbb.com/articles/-/3040663

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェコのレストランで銃乱射、8人死亡 容疑者自殺



【2月25日 AFP】チェコ東部ウヘルスキーブロトで24日、武装した男がレストランに押し入って銃を乱射し、8人が死亡した。精神的に不安定だったとみられる容疑者はその後自殺した。当局が明らかにした。「友情」という店名のレストラン内で、容疑者は25発ほど発砲。パニックに陥った客らは、裏口から逃げ出した。

先月フランス・パリでイスラム過激派による連続テロ事件が発生し、合わせて17人が死亡。また今月に入ってデンマークの首都コペンハーゲンでも銃撃事件で2人が犠牲になっており、欧州には緊張が広がっていた。ミラン・ホバネツ内相はツイッターで、「これまでに集まった情報によると、これはテロ攻撃ではなく、精神不安定な個人による犯行だ」と発表し、犯行の動機が「テロ」だったという可能性は否定した。

ウヘルスキーブロト市長によると、容疑者が店内に押し入ったのは同日午後1時(日本時間同9時)ごろで、中には20人ほどの客がいた。男は2つの武器を所持しており、25発発砲した後に自殺したという。同国民放プリマ・テレビによると、ウヘルスキーブロトに住む60代の男と名乗る人物が同局の犯罪ホットラインに自ら電話をかけ、犯行を予告したという。記者らは直ちに警察に通報した。

プリマ・テレビの記者がニュースサイトのドネスに語ったところによると、容疑者は「自分の身元を明かした上で、リポーターをウヘルスキーブロトに派遣しろと言った」という。さらに、「多くの人から嫌がらせを受けているのに当局は動いてくれない。だから自力で対処するため武器を使うと語った」としている。(c)AFP/Jan MARCHAL

http://www.afpbb.com/articles/-/3040660



記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EU財務相会合がギリシャ改革案を承認 支援延長に近づく



【2月25日 AFP】欧州連合(EU)のユーロ圏各国の財務相は24日、ギリシャが当面の資金繰りにめどをつけてユーロ圏に残留するための金融支援4か月延長と引き換えにギリシャが提出した改革案を承認した。

これを朗報と受け止めた欧州の主要株式市場は軒並み上昇し、ロンドンの総合株価指数は過去最高を記録した。EUがギリシャ急進左派のアレクシス・ツィプラス首相から譲歩を引き出した形になったとはいえ、国際通貨基金と欧州中央銀行は同改革案に対する懸念も表明している。

ギリシャ政府は、前週の会合で債権者らが出した要求を満たすため23日に改革案を提出。ユーロ圏19か国の財務相は、翌24日の電話協議でこれを承認した。ドイツをはじめとする複数の国は、現行の金融支援が終了する今月28日までに、金融支援延長について議会の承認を受ける必要がある。

また鍵となる改革案の細部も今後数週間のうちに詰めていかなければならない。欧州委員会のピエール・モスコビシ委員(経済金融問題担当)は、「一つの危機を回避したが課題は山積している」と述べた。(c)AFP/Danny KEMP, Bryan McManus

http://www.afpbb.com/articles/-/3040656

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びっくりするほどの平和日本を作った憲法



※殆どの人は「憲法九条」の悪影響で、日本の平和が脅かされ国体が損なわれていると考えています。反日売国のプロパガンダは見透かされ、日本と国民の敵は誰なのかという疑問に対する覚醒は始まり、今や若い女性にまで広がりました。一個人の小さく限定的な管理人の人間関係においても、若い女性の皆さんの国家と民族を想う覚悟には驚くばかりです。

記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

「ミライ」トヨタが燃料電池車製造工程を公開



トヨタ自動車は24日、愛知県豊田市の元町工場で世界初の市販型燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の製造工程を報道陣に公開した。ラインオフ式典に出席した豊田章男社長は「資源のない日本が、水素社会の実現のためにささやかながら第一歩を踏み出すクルマだ」と話した。

ミライは搭載する燃料電池や水素タンクを本社工場で製造し、元町工場では車体の組み立て作業を行っている。燃料となる水素が漏れ出さないようタンクとスタックの接合部にヘリウムガスを流して接合具合を確認するなど、独自の工程が加わっている。

生産台数は1日3台にとどまっており、高級車「レクサス」などの組み立てを担当していた熟練工ら13人が手作業で組み立てを担当している。生産台数に限りがあるため、注文に生産が追いつかない状態が続いており、豊田社長は具体的な受注件数は明らかにしなかったが「多くの関心を寄せていただいているが、お待ち頂いて申し訳ない。気長にお待ち頂きたい」と話した。

トヨタはミライの生産台数について、2016年には現在の3倍弱の年間2000台程度に、17年には4倍強の3000台程度へと増産する方針を明らかにしており、今夏以降は欧米でも発売する計画。燃料電池車の普及を左右する水素ステーションなど関連インフラの整備について、豊田社長は「1社で実現できるものではなく、オールジャパンで足並みをそろえてやっていきたい」と強調した。

http://www.sankei.com/economy/news/150224/ecn1502240056-n1.html



記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリア国際航空ショーが開幕



【2月24日 AFP】オーストラリア・メルボルン(Melbourne)南西ララ(Lara)のアバロン空港(Avalon Airport)で24日、オーストラリア国際航空ショー(Australian International Airshow)が開幕した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3040625



記事の続きやコメントはこちら
posted by fc at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国外報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。